不要なスマートフォンは専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年02月25日

スマートフォン買取に関する表と裏

バツマークの札を上げる女性

スマートフォンの中古販売市場が拡大している中、手元に不要なスマートフォンを持っている人にとっては、非常に便利な小遣い稼ぎが出来るようになりました。捨てることがもったいない世の中で、インターネット等を通じて様々な買い取り業者が増えています。スマートフォンのような高級品は、特に買い取り価格が高く、需要も供給も充実していることから、一般の人にも浸透しています。

しかし高級がゆえに、その実状には様々な裏の顔があります。日本の携帯電話ショップでスマートフォンを購入した場合、毎月の割引が適用され実質的な本体代が、もっとも安い場合で0円となる場合があります。そこに目を付けた人が転売を目的として、携帯電話ショップで契約するという事例が非常に増えています。

しかし分割代金や使用料をしっかりと支払っている場合は問題ありませんが、分割代金を支払わず滞納している人も少なくありません。また携帯電話のキャリアも数社あるため、番号そのままで乗り換えると行った手段を使い、複数回繰り返している者も多くいます。
もっともそのような不良契約を繰り返している場合は、次回契約時に審査が通らなかったり、分割購入ができないなどのペナルティがあるのですが、そうなれば本人と特定されないために、証明書を偽造するなどして再度契約をしようと、たくらむ者が出てきます。これらの行為は犯罪であり、各キャリアが頭を悩ませています。

MVNOの普及などで携帯電話、特にスマートフォンが今後さらに安く利用できるようになり、それと比例してさらに拡大するであろう中古販売市場。ユーザーにとって非常に便利でお得なこれらのシステムも、悪用するものがいるという現状を忘れてはいけません。
当然、こういったキャリアに対する損害を与えた分は、他のユーザーの使用料などで補うほか有りません。
実際に悪意が無かったとしても、そういった小遣い稼ぎの軽い気持ちで行って良いものでは無いのです。中古販売市場には表の顔と裏の顔があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

リサイクルネット