不要なスマートフォンは専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年09月20日

スマホを売る際に気をつけること

封筒から出ている万札

「新しいスマートフォンを買ったから、もう古いスマートフォンはいらない」そう考えて古いスマホを処分する人が多いです。

ですが、古くなっていてもスマートフォンには、まだ商品価値があります。
なので、処分するくらいなら買い取りをしてもらいましょう。

この時、何も考えずにスマホを売ってもいいのですが、スムーズに、高額で買い取りをしてもらいたいなら、いくつか気をつけるべき点があります。

その中でも、特に気をつけるべきなのは、スマホを売る前に、必ず初期化をすることです。
仮に、初期化をしないまま中古スマホを取り扱っている店に買い取りをお願いしても、結局そこで初期化をすることになるので、(初期化をしないと買い取りをしてもらえません)余計な手間をかけないためにも、自宅で初期化を済ませてから、買い取りをしてもらうといいでしょう。

けど「個人情報の宝庫であるスマホを売ってしまってだいじょうぶなのか?」「売ったスマホから個人情報が漏れるのではないか?」そう心配してスマホを売らないで、ずっと手元に置いておく人がいます。

はっきり言ってしまうと、この心配は杞憂です。

一度初期化をしたスマホから、情報を復元して抜き出すことは、その道のプロでも困難なので、スマホを売る人が国の要人でもない限り、そんなことを心配する必要はありません。
ですので、新しいスマホを買ったら、さっさと古いスマホを初期化して売ってしまうとよいでしょう。

売る前に初期化をすること、これがスマホを売る上でもっとも大切なことですが、それ以外にも、スマホを売る時に気を付けておくことがあります。
それはスマホに刺さっているSIMカードを抜いておくことと、売る前に端末代金の支払いを終えておくことです。
特に後者は非常に重要です。

代金を分割払いしている最中にスマホを売ることは難しいので、(出来ないこともないですが、査定面などで不利になることが多いです)スマホを売る前に、支払いがまだ残っていないか確認しておきましょう。
そして、もしまだ支払いが残っていたら、支払いを終えた後でスマホを売りに出すことをお勧めします。

ちなみに、まだ支払いが残っているかどうかは、通信会社のマイページで確認することが出来ますので、売る前に、必ずマイページを見ておきましょう。
そうすれば、スムーズにスマホを売ることが出来ます。

まとめると、スマホを売るために大切なのは、初期化することと、売る前に支払いの残りがあるかを確認することです。
これはどちらも大切なことなので、スマホを売るなら、この2点には気を付けておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

リサイクルネット