不要なスマートフォンは専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年08月18日

スマートフォン買取業者で出来るだけ高く売る術

スマホを持ち、オッケーサインをする女性

最近では。大手の古本屋やレンタルショップなどでも扱うようになった、白ロムのスマートフォンですが、買取業者によって買取価格も変わってきます。
それはネットや直接の商談で金額の調整を行うしか、値段をあげる方法はありませんが、出来るだけ高価買取をしてもらう方法をお伝えします。
箱や付属品がそろっていることは言うまでもありません。出来るだけ新品に近い状態であることが重要な要素です。

また保証書に、購入店舗のスタンプを押してもらっていることも重要です。キャリアショップのスタッフによっては、保証書に日付などを記載せずに渡す人もいますので、購入時には注意が必要です。これは購入した端末の販売日が、キャリアのシステム上に残っているため、修理に出すときなどに保証書が無くても、保証期間内かどうかの判別が出来るからです。

しかし買取業者からすれば、どのような入手ルートなのかという点は、気になるところですし、実際に中古で販売する際に、新たな購入者が安心できるためにも、保証書にはきっちりと日付と店舗名の記載をしてもらうようにします。
また購入時に貼られているフィルムも、意外と重要となります。新品と新品同様品とは、大きな違いだからです。
購入して少し触ってみる場合は、傷が入らないように、出来るだけフィルムをはがさないまま利用することが重要です。

このようにスマホを買取業者に出す場合でも、同じ商品を手放すのに、出来るだけ高価買取をしてもらう方が良いのは当たり前のことです。
中でも最も重要なことが“その機種に人気があるか”という点です。iPhoneなどは不動の人気がある機種ですが、保存容量や色によって、値段が異なることもありますので、値下がりしない機種を購入することをお薦めします。それ以外の機種も、人気の差で大きな値差が生じます。最初から転売目的でスマホを購入する人は少ないと思いますが、出来るだけ値段が下がらない機種を選ぶことが重要となります。
古い機種にも希少価値がある場合がありますので、ゴミだと思って物置に眠っている古い端末がある場合は、一度調べてみた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

リサイクルネット